1日体験・散歩・ウォーキング・まち歩きの楽しい観光情報
お散歩なび

TOPへ GTWについて にっぽんお散歩なび リンク よくある質問 お問い合わせ

■カテゴリー■
■新着記事■
■コメント■
■トラックバック■
■LINK■
■プロフィール■
 
■OTHER■

第172回スペシャルツァーIN土気(とけ)ー千葉市
 
―リアルな写実絵画・ホキ美術館ギャラリーツアーと隣接の
東京ドーム23個分の敷地・昭和の森散策ー

    
  

                                               

ホキ美術館は、世界でもまれな日本初の写実絵画専門美術館で、2010年11月3日に千葉市緑区に開館しました。
写実絵画の魅力とは何でしょうか。画家が見たままに、そしてその存在を描いた作品。1年に数点しか描くことができないほど、画家が時間をかけて1枚の絵と向き合い、こつこつと緻密につくりあげた作品です。その世界を目の当たりにすると、絵は、現実以上に多くのことを語っているのを感じていただけるでしょう。


 ユニークなホキ美術館


そのコレクションは、保木将夫(ホギメディカルは医療用不織布製品、滅菌用包装袋(メッキンバッグ)及び各種医療用キット製品のトップメーカー名誉会長)が収集した写実絵画作品、約480点から成っています。

建物は昭和の森に隣接した敷地という自然の一部となれる場所を選び、自然光を展示空間へと導き入れることで森の中を散策しながら絵画を鑑賞しているような状態を作りました。また、集められた写実絵画を鑑賞すること、食事をすること、ワインを飲むこと、森、光、自然、環境などあらゆる行為や事象を等価に扱い、再構成し、美術館でありながら美術館以上のものを考えることでもありました。2011年度「日本建築大賞」「千葉市都市文化賞2011」、「千葉県都市文化賞」で優秀賞を受賞しました。

 (以下は参加者の感想文です)


5月29日外房線の土気駅で待ち合わせ。だいぶ遠くに来たと思っていましたら、バスの中から見た景色は住宅が多いいのに驚きながら、ホキ美術館のスペインの現代写実絵画展へ。
初めは日本の作家の作品から日本人の亡くなった方、現在も活躍されている方の写実絵画を学芸員の説明を聞きながら鑑賞しました。

一番初めに目にした絵画2点はとても迫力があり深みがあり、力強く感じました。

五味文彦さん:「いにしえの王は語る」「木霊の囁き」。そして「レモンのある静物」の白いテーブルクロスのレースがとても綺麗で、学芸員の方がレモンを描くのはとても難しいと話されていました。

中山忠彦さん:「楽興」。奥様がモデルになり、フランスのアンティークのエンジ色ドレスを着てとても素敵でした。

森本草介さん:「光の方へ」の裸婦も綺麗で、髪の毛の飾りが印象的でした。

野田弘志さん:「崇高なるもの」。背景が何も書かれていない人物も印象に残っていす。

どの作品も爽やかでとても丁寧に時間をかけて描かれているのが伝わって来ました。
案内の方が三年に一度指名した画家に‘私の代表作’を書いてもらうと言われていました。指名された方は機会が与えられて幸せだなと思いました・
バルセロナ・ヨーロッパ近代美術館コレクション。作家は日本の写実と少し違うように思いました。作品に内面がより滲み出ているように描かれているように感じました。
板谷波山の陶器もとても柔らかい色と形も素敵でした。

展示は回廊型ギャラリーで鑑賞しやすかったです。

ミュージアムカフェで外の森の景色を見ながら昼食をいただき前菜、スープ(白豆、タコ)、そら豆と桜海老のスパゲティ、デザート、コーヒーを美味しくいただきました。


  美しい森の景色を見ながらのミュージアムカフェでの食事


そして、美術館の建物ーおしゃれなで変わった(一部が空中に浮いた)細長い建物の外観を、改めて外から眺めました。
周囲の環境に合わせ、地上は1階、地下を2階にしたそうです。


 ホキ美術館の遠景

帰りは隣の昭和の森へ。
とても広い公園で一部分だけでしたが新緑と美味しい空気を吸い満足して帰って来ました。
楽しい一日を有難うございました。


 広々とした昭和の森を散策するメンバーの皆さん


    1水 仲野恵美子






| 千葉県::千葉市 | 10:35 AM | comments (0) | trackback (0) |
第166回スペシャルツァーIN野田
―雪印メグミルク野田工場と新工場グリコピアCHIBA工場見学―




 グリコピアのロビーで見学者を迎える巨大なゴールインマーク




東武アーバンパークライン運河駅西口改札口前に10:00に集合して、タクシーに分乗し、雪印メグミルク野田工場に行きます。


  雪印メグミルク野田工場の見学者用エントランス


野田工場は国内最大級の大規模自動化工場で、たくさんのコンピュータやロボットが働いており、牛乳をはじめ、ジュース類やコーヒー・フルーツヨーグルトなどを生産しています。

工場の概要説明や映像視聴後、牛乳・ヨーグルト他の製造工程の見学です。紙パックやプラカップ、ビン入り製品が作られる様子を見ます。見学時間はおよそ70分です。

 説明会場

 案内嬢による説明会

 見学者一同、記念に はいパチリ!



昼食は、和食レストラン「はな膳」の送迎バスで同レストランへ。

食後は、再び送迎バスで約30分、次のグリコの見学場所へ送ってもらいます。

 昼食会場の はな膳


 レストランの送迎バスで次のグリコ工場へ向かいます


新工場グリコピアCHIBA工場は、グリコ初のアイスクリーム工場が、昨年の7月にオープン。


 見学者をむかえる グリコピアCHIBA の大きな建物


見学はパピコの試食付き!  入口を入ると、まず1階の広いロビー正面に、巨大なゴールインマークに迎えられます。そこにシアター入口ドアがあり、右手奥に広いお土産売り場や、レストランがあります。

 ゴールインマークが出迎える入口

 シアターの内部


初めに、シアターで上映される「創業者 江崎利一物語」「アイスクリームができるまで」を見ます。

それを見て、いざ工場ラインへ。体験スポット満載で、アイスクリームの歴史や製造工程を楽しく学べる70分の工場見学です。



 見学の後お土産を買う皆さん




■スケジュール=タクシーー雪印メグミルク野田工場見学10:30~11:40ーはな膳梅郷店送迎バスで「はな膳」へー送迎バスでグリコピアCHIBA工場13:15~14:40-タクシー10分で愛宕駅



     <以下は参加者の感想です>

今回初めて工場見学のスペシャルツアーに参加しました。
初めは、雪印メグミルクの野田工場です。
まず、見学者用の説明会場に案内され、案内嬢による、工場で作られている製品やミルクのできるまで等の概要説明がありました。
また、スクリーンの大きな画面での説明を見ました。
そのあと、メグミルクと三種のベリーチーズを頂き、おいしく味わいました。

工場内では、自動化され、コンピューターでロボットが働き、流れ作業で大量生産されているのには驚きました。
そして、それらの製品が安全に消費者へ送り出される様子も見られました。

昼食は和食のレストラン「はな膳」でゆっくり食事を楽しみ、デザートも美味しくいただきました。

午後からの、グリコの工場も初めてのパピコをいただくなどして、楽しく見学できました。
当日は終日晴天に恵まれ、絶好のタウンウオッチング日和で、気持ちのいい一日でした。

  3水 Y









| 千葉県::野田市 | 09:21 PM | comments (0) | trackback (0) |
第153回スペシャルツアーIN松戸
ハイム化粧品工場見学&美容講習会 アジサイの名所本土寺参拝



 ”アジサイ寺”



1961年に「良い品をより安く」を理念に誕生したハイム化粧品。
半世紀経った今も変わらず、肌を第一に考えた処方で化粧品を造っています。
毎日肌につけるものが、どんな風にできているのか、そんなハイム化粧品が製造される様子を見にいきます。

また美容講習会も楽しみです。


 ハイム化粧品の工場

 工場内の展示物を見学するメンバー

 会社の説明を聞くメンバー

 手術室のように清潔な場内で作業中の社員の皆さん





昼食後は、マイクロバスで本土寺へ移動。本土寺は「あじさい寺」として有名です。
十種類以上の紫陽花が境内中に咲き渡り、その数は五万本以上に及びます。
今が盛りの美しい花をめでましょう。

帰りは、土産店の多い参道を散策しながら駅へ。(JR常磐線北小金駅 徒歩15分程度)

 本土寺山門

 本土寺の五重塔
 
 咲き乱れるアジサイ

 アジサイの小路




<以下は参加したメンバーの感想です>

6月25日、JR常磐線北松戸駅に集合、ハイム化粧品(株)を訪ねました。

私は、もともと20年間の生活クラブ生協会員、名前は知っていたので、
「安全」「安心」「無添加」の同工場の見学や、美容講習会(特に頭皮マッサージ)は楽しみでした。

最初に会社概要のビデオを見て、次に実際の製造工程を見学しました。

「良い品をより安く」を理念に誕生した会社らしく、研究開発の現場から、製造~包装まで全工程、少人数(全社員30名)で、すべて手術室と同レベルの清潔な環境をオープンに見せていただいて、納得することができました。

最後に化粧品づくりの考え方や商品の選び方を学び、用意されていたテスターを実際に試してみました。
特に薬用毛活源を使っての頭皮マッサージは、あきらめていた毛髪も手入れ次第と聞いて、熱心に皆で行いました。

おみやげに各自、お勧めの商品と試供品の石鹸をいただきました。

    第1金曜 池田和子






| 千葉県::松戸市 | 03:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑