1日体験・散歩・ウォーキング・まち歩きの楽しい観光情報
お散歩なび

TOPへ GTWについて にっぽんお散歩なび リンク よくある質問 お問い合わせ

■カテゴリー■
■新着記事■
■コメント■
■トラックバック■
■LINK■
■プロフィール■
 
■OTHER■

第163回スペシャルツァーIN羽田
―「羽田クロノゲート」見学と羽田街歩き―



◆羽田クロノゲート

 「クロネコヤマトの宅急便♪」でおなじみのヤマトグループの巨大物流ターミナル。
24時間365日稼動する陸海空のマルチ輸送ターミナルとして2013年9月にオープンしました。ギリシャ神話における時間の神<クロノス>と国内とアジアの「ゲートウェイ」となるべく、<ゲート(Gate)>=「門、出入り口」の2語を組み合わせて、『新しい時間と空間を提供する物流の「玄関」であるとともに、物流の新時代の幕開け』を表現しています。
 見学を前提として建てられた「羽田クロノゲート」で、宅急便をはじめとした物流のしくみ、物流の未来「バリュー・ネットワーキング」構想を、実際の設備や展示、アトラクションを通して、ぜひ体感してみてください。



 羽田クロノゲートの建物全景


■最寄駅:京急穴守稲荷駅


鳥居の奥が京急穴守稲荷駅



■コース:羽田クロノゲート見学⇒ホテルJALシティ Cafe&Dining HARUHOROで昼食⇒羽田街歩き⇒解散(最寄り駅穴守稲荷駅、天空橋駅)

OP羽田国際空港(天空橋駅―羽田国際空港駅)5Fお祭り広場




以下は参加者の感想です


梅雨に入ったはずなのに当日は真夏のような暑さ。
スタートは京急穴守稲荷駅から徒歩で10分足らずのところにある「クロネコヤマトの宅急便」。


 エントランスで客を迎える大きな黒猫像

 クロノゲートのマーク

そこは、2013年に「羽田クロノゲート」と名付けられて巨大な物流ターミナルとして誕生したそうです。


そのうち私たちが見学できたのはほんの一部です。ダンボール箱などの大量の品物が、広大なフロアを縦横に走るコンベアーに乗せられ、かなりのスピードで運ばれています。行く先は瞬時にコンピュータが選択し、送られていきます。そこには作業員の姿はありませんでした。ただ、離れた場所のコンピューター室にたくさんのモニターが並ぶブースに一人の作業員がいるだけでした。そこで、トラブル等のチェックがされるそうです。 (なお場内は撮影禁止のため写真はありません)

 選別所からの区分けされた荷物を受け取り発着するトラック



宅配の荷物が届くのは当たり前、と思っていましたが、そのカゲにこんなシステムがあったとは…。

見学のあと、近くのホテルのレストランで昼食。
昼食のあとは、多摩川沿いの、かつては漁師町だったという細い道を、昔の名残を探しながらのウォーキングです。
近くではレンガ造りの堤防が、思いをはせることのできる一つでした。
目を遠くの水辺にうつすと、腰を二つに折った二人の姿が見えました。「潮干狩りでもしているのかしら?」と、漁場だったことと無理やり結びつけて想像してしまいました。


 クロノゲートの近くを流れる川にかかる穴守橋からの光景


解散前に寄ったのが、穴守稲荷神社。たくさんの赤い鳥居のトンネルをくぐり、富士塚へ。杜を通り抜ける風がとても心地よくしてくれました。

 穴守稲荷神社の赤い鳥居群 


今回は、急きょ参加させていただいた「羽田」ウォッチング。実をいうと「飛行場」と勘違いの羽田でしたので、ちょっと頑張って空港まで足をのばしてきました。

毎回思います、参加して良かった!楽しかった!って。

第1水曜  森田八重子


















| 東京都::大田区 | 01:21 PM | comments (0) | trackback (0) |
第162回スペシャルツアーin新潟
  ―GTW25周年記念旅行・日本の原風景を探す―  



田園や草原などを舞台とみる”農舞台”の一画に立つ大きなアート


以下は参加者の感想です


5月14日の「越後の里アートツアー」と5月15日の「越後のミケランジェロ・名工石川雲蝶の作品と懐かしの街並み」の企画を知った時、どちらも以前から行ってみたいと思っていたところだったので迷わず宿泊付きで申し込み参加いたしました。

一日目は予報では曇りでしたが、運良く晴れ上がり暑くなりました。最初に立ち寄った「美人林」は小さな池を囲むように樹齢90年のブナ林が丘陵に広がる可愛らしい林です。陽の光を受けた新緑がキラキラときらめき、木々から発散される清浄な空気を胸いっぱい吸って心地よい散策が出来ました。

 土市駅近くの作品の前で記念撮影です


「大地の芸術祭」の里 妻有(つまり)は市町村合併で大きく広がった十日町市のあちこちの田園が会場です。田畑や道路・空き地・古民家や廃校となった学校などの建物の中に点在しています。バスの車窓から田んぼや畑の中、道路脇に何気なくひっそりと置かれている作品を「ここにもあった」と見つける楽しみがあります。現代アートと昔ながらの田園風景が違和感なく共存している不思議な光景でした。

 星峠から見晴らす美しい棚田


 田園、棚田に散在する作品群


 絵本と木の実の美術館

  美術館内


  古民家を学生たちが2年半かけて天井・床・壁・柱や梁全体をのみで彫り上げて建物自体を芸術作品に仕上げた「脱皮する家」は、学生たちの汗と忍耐と努力を感じ、それを支えた地元の人々との共作という感じがしました。

 昼食を頂いた「まつだい里山食堂」ではバイキング形式で地元の食材(主に山菜)を使った色とりどりのお料理の数々を大きな窓から、まつだい農舞台(棚田に置かれた田おこしから稲刈りまでを表現したロシア人作家の作品)を見ながら頂きました。山菜の料理というとてんぷらやお浸しくらいしか知らなかったのですが、本当に様々な料理法があるのだなと美味しく頂きました。


 JR飯山線に乗車することが出来たのも楽しい経験でした。無人の小さな駅の外にも作品があって楽しくなりました。

  下条かやぶきの塔

 2日目は晴れから曇り雨と目まぐるしく変わり、一時はひどい降りとなりましたが運よくそれほど濡れずに済みました。写真でしか見たことのなかった石川雲蝶の実物作品は技巧のすばらしさと言葉では表現できないような存在感が迫ってくる感じすらしました。ガイドの女性の説明が雲蝶への愛を感じさせる素晴らしい説明で理解を深めることが出来ました。気がつかないような細かいところに隠された雲蝶の遊び心が心に残り、雲蝶とはどんな人だったのだろうか、作品を作っている時にどんなことを考えていたのだろう、この透かし彫りの技法はどうやって彫ったのかなどもっと知りたいと思わせるような素晴らしいガイドさんでした。西福寺の開山堂の天井は圧巻でした。しかし開山堂と穴地十二大明神の向拝彫刻が外に出ているので厳しい冬の風雪で痛められていることが気になりました。
 独特の雪囲いに保護された西福寺開山堂

  西福寺に立つ石川雲蝶の銅像

永林寺・西福寺・穴地十二大明神と龍谷寺の4か所の中で私が一番心に残ったのは永林寺の透かし彫りの欄間彫刻です。雲蝶が理想とする女性がモデルとされている天女はなまめかしく生き生きとしていて今にも天女が持っている楽器から音楽が聞こえてきそうな感じすらしました。中越の山々に囲まれた田園の中にこんな素晴らしい作品群が150年以上も地元の人々に愛されて残されていたということに心が温かくなりました。

 石川雲蝶作の透かし彫り

 私は今年3月に加入したばかりで、どなたも存じ上げる方のない中での参加でちょっと不安もありましたが、同室になられた方も率直で気持ちの良い方でしたし、周りの大先輩方も楽しい方々で気持ちよく旅行することが出来ました。やはり来てよかったと感じた2日間でした。ありがとうございました。
また、このような素晴らしいツアーがあったら是非参加したいと思っています。
お世話くださった前田さん、お疲れ様でした。心より感謝しております。

  2木  吉村達子










| 新潟県::十日町市 | 04:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
161回スペシャルツアーIN八潮
―「おもしろ消しゴム」イワコー工場見学と旧太田家住宅特別見学・首都圏桃源郷花桃まつりー


八潮市(やしおし)は、埼玉県の南東部にある。都心から20キロメートル圏内という地の利もあり、その後の高度経済成長による工場の進出や急激な人口増加により発展を続け、昭和39年(1964年)に町制施行、昭和47年(1972年)には市制を施行。

 その後、首都高速道路の開通や、区画整理事業による都市基盤の整備、平成17年(2005年)のつくばエクスプレスの開業などがあり、まちの様相は大きく変化してきている。秋葉原から八潮駅まで約17分のつくばエクスプレスを利用できるので東京都特別区部への通勤率は27.9%(平成22年国勢調査)。総人口86,998人、世帯数39,093世帯(平成28年12月1日現在)

イワコーでは普段見ることの出来ない大型の消しゴム製造マシンを見ながら、 消しゴムのしくみについても勉強。野菜や動物など、思いがけないものが消しゴムになっていてびっくり。大人にも人気で予約が難しい工場見学。


  イワコーの工場ビル


 創業者社長自らの説明を聞く見学者


 色々な おもしろ消しゴムの見本


お土産用に色とりどりのおもしろ消しゴムの売店


●次の太田家住宅へは、どん亭の送迎バスで。
同家は、平成11年(1999)3月に市指定有形文化財に指定。木造二階建て瓦ぶき、出垳構造の町家建築で埼玉県内でも 数少ない建築物。約150年の歴史があり、当時、八條の渡しの前で米問屋(酒屋)、旅籠を営んでいた住宅。生活の場でもありますが、特別公開していただき、八潮市立資料館学芸員に特別来ていただき、解説をしてもらいます。


 太田家の母屋と蔵

 母屋の座敷

 学芸員の説明を聞くみなさん

 ほこらのある裏庭から見た母屋


●見学のあとは再び、どん亭の送迎バスで、どん亭三郷店へ。お楽しみの昼食会はしゃぶしゃぶ、うどん・ごはん、飲み物など、おいしい食事を、掘りごたつの食卓を囲んでいただきます。


   どん亭三郷店と送迎バス

●食後は送迎バスで、中川フラワーパーク(花桃まつり)会場へ。
約13,000㎡の中川河川敷にある「中川やしおフラワーパーク」は活性化を目指す商工会等のパワーアップ 計画に基づき、花桃の木、菜の花、コスモスなどを植え、四季を 通じて市民の憩いの場をつくり、観光資源にもなっている。
花桃と菜の花が咲くこの時期が楽しみです。


  中川フラワーパークで説明を聞く

 フラワーパークの花壇



以下は参加者の感想

“春は名のみの風の寒さや”と、そんな3月24日9時30分、八潮駅出発です。八潮の街を見ながら約25分歩き、楽しみにしていた「おもしろ消しゴム」のイワコー工場に到着。ここでは、創業者の社長さん自ら、元気でユーモア交えたわかりやすい説明。年齢が80歳以上だと聞いて、その若々しさに皆びっくり。実際に機械から消しゴムができるところを見ることができて、よかったです。
 見学者は子供より大人の方が多いと聞いて、ちょっと驚きでした。
 ともかく、この工場では猫・犬などの動物をはじめ、握り寿司やカラフルな、子供にも大人にも楽しめる面白い製品があふれています。そんな消しゴムを作ることになった経緯や、新しい消しゴムを作ってもすぐに中国にコピーされてしまう苦労話などが社長さんの口からポンポンと。
 最後は、見学者一人一人が自分で面白消しゴムの作品を組み立て、それをお土産にできるという、盛り沢山の見学会でした。
 次の旧太田家住宅へ送迎バスで移動のとき、社長さんが手を振って見送って下さり、なんとも嬉しい気持ちになりました。


 社長さんの指導でおもしろ消しゴムの組み立てをするメンバー


旧太田家住宅では、八潮市の学芸員の方の説明がありました。当家は、江戸時代より近くを流れる中川を利用し商いをしていた河岸問屋とのことで、2階建ての大きな母屋と、その右手前の敷地に建つ蔵を見て回り、当時の繁栄ぶりがよくわかりました
 
貴重な史料の展示場となっている蔵内を見学


次の昼食会場のどん亭へバスで向かうとき、これまた学芸員の方と現太田家当主の方が手を振って見送ってくださいました。

昼食は、どん亭のしゃぶしゃぶをグループで鍋を囲んでいただき、おいしく楽しい昼食会で、おなか一杯でした。

 しゃぶしゃぶを囲みながらの昼食


最後は、「中川フラワーパーク」の花桃まつり、です。河川敷に展開された花桃や菜の花畑や花壇などを愛でながらの自由解散となりました。
花桃は満開で、お花見を楽しみたかったのですが、風が強く寒さもあり、花を見ながら帰ることに。

 満開の花桃の苑


八潮駅までタクシーで戻る予定でしたが、歩こうということになり、つくばEXの高架を左手に歩いて歩いて、やっと15時5分に駅に着きました。結構な距離でしたが、日ごろ歩いている私たちだから歩けたんだと思います。
行く先々で新しい発見があるのが、GTWの良いところです。これからも楽しみに参加させていただきます。
  第2木曜 杉山富美子




| 埼玉県::八潮市 | 04:13 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑