1日体験・散歩・ウォーキング・まち歩きの楽しい観光情報
お散歩なび

TOPへ GTWについて にっぽんお散歩なび リンク よくある質問 お問い合わせ

■カテゴリー■
■新着記事■
■コメント■
■トラックバック■
■LINK■
■プロフィール■
 
■OTHER■

161回スペシャルツアーIN八潮
―「おもしろ消しゴム」イワコー工場見学と旧太田家住宅特別見学・首都圏桃源郷花桃まつりー


八潮市(やしおし)は、埼玉県の南東部にある。都心から20キロメートル圏内という地の利もあり、その後の高度経済成長による工場の進出や急激な人口増加により発展を続け、昭和39年(1964年)に町制施行、昭和47年(1972年)には市制を施行。

 その後、首都高速道路の開通や、区画整理事業による都市基盤の整備、平成17年(2005年)のつくばエクスプレスの開業などがあり、まちの様相は大きく変化してきている。秋葉原から八潮駅まで約17分のつくばエクスプレスを利用できるので東京都特別区部への通勤率は27.9%(平成22年国勢調査)。総人口86,998人、世帯数39,093世帯(平成28年12月1日現在)

イワコーでは普段見ることの出来ない大型の消しゴム製造マシンを見ながら、 消しゴムのしくみについても勉強。野菜や動物など、思いがけないものが消しゴムになっていてびっくり。大人にも人気で予約が難しい工場見学。


  イワコーの工場ビル


 創業者社長自らの説明を聞く見学者


 色々な おもしろ消しゴムの見本


お土産用に色とりどりのおもしろ消しゴムの売店


●次の太田家住宅へは、どん亭の送迎バスで。
同家は、平成11年(1999)3月に市指定有形文化財に指定。木造二階建て瓦ぶき、出垳構造の町家建築で埼玉県内でも 数少ない建築物。約150年の歴史があり、当時、八條の渡しの前で米問屋(酒屋)、旅籠を営んでいた住宅。生活の場でもありますが、特別公開していただき、八潮市立資料館学芸員に特別来ていただき、解説をしてもらいます。


 太田家の母屋と蔵

 母屋の座敷

 学芸員の説明を聞くみなさん

 ほこらのある裏庭から見た母屋


●見学のあとは再び、どん亭の送迎バスで、どん亭三郷店へ。お楽しみの昼食会はしゃぶしゃぶ、うどん・ごはん、飲み物など、おいしい食事を、掘りごたつの食卓を囲んでいただきます。


   どん亭三郷店と送迎バス

●食後は送迎バスで、中川フラワーパーク(花桃まつり)会場へ。
約13,000㎡の中川河川敷にある「中川やしおフラワーパーク」は活性化を目指す商工会等のパワーアップ 計画に基づき、花桃の木、菜の花、コスモスなどを植え、四季を 通じて市民の憩いの場をつくり、観光資源にもなっている。
花桃と菜の花が咲くこの時期が楽しみです。


  中川フラワーパークで説明を聞く

 フラワーパークの花壇



以下は参加者の感想

“春は名のみの風の寒さや”と、そんな3月24日9時30分、八潮駅出発です。八潮の街を見ながら約25分歩き、楽しみにしていた「おもしろ消しゴム」のイワコー工場に到着。ここでは、創業者の社長さん自ら、元気でユーモア交えたわかりやすい説明。年齢が80歳以上だと聞いて、その若々しさに皆びっくり。実際に機械から消しゴムができるところを見ることができて、よかったです。
 見学者は子供より大人の方が多いと聞いて、ちょっと驚きでした。
 ともかく、この工場では猫・犬などの動物をはじめ、握り寿司やカラフルな、子供にも大人にも楽しめる面白い製品があふれています。そんな消しゴムを作ることになった経緯や、新しい消しゴムを作ってもすぐに中国にコピーされてしまう苦労話などが社長さんの口からポンポンと。
 最後は、見学者一人一人が自分で面白消しゴムの作品を組み立て、それをお土産にできるという、盛り沢山の見学会でした。
 次の旧太田家住宅へ送迎バスで移動のとき、社長さんが手を振って見送って下さり、なんとも嬉しい気持ちになりました。


 社長さんの指導でおもしろ消しゴムの組み立てをするメンバー


旧太田家住宅では、八潮市の学芸員の方の説明がありました。当家は、江戸時代より近くを流れる中川を利用し商いをしていた河岸問屋とのことで、2階建ての大きな母屋と、その右手前の敷地に建つ蔵を見て回り、当時の繁栄ぶりがよくわかりました
 
貴重な史料の展示場となっている蔵内を見学


次の昼食会場のどん亭へバスで向かうとき、これまた学芸員の方と現太田家当主の方が手を振って見送ってくださいました。

昼食は、どん亭のしゃぶしゃぶをグループで鍋を囲んでいただき、おいしく楽しい昼食会で、おなか一杯でした。

 しゃぶしゃぶを囲みながらの昼食


最後は、「中川フラワーパーク」の花桃まつり、です。河川敷に展開された花桃や菜の花畑や花壇などを愛でながらの自由解散となりました。
花桃は満開で、お花見を楽しみたかったのですが、風が強く寒さもあり、花を見ながら帰ることに。

 満開の花桃の苑


八潮駅までタクシーで戻る予定でしたが、歩こうということになり、つくばEXの高架を左手に歩いて歩いて、やっと15時5分に駅に着きました。結構な距離でしたが、日ごろ歩いている私たちだから歩けたんだと思います。
行く先々で新しい発見があるのが、GTWの良いところです。これからも楽しみに参加させていただきます。
  第2木曜 杉山富美子




| 埼玉県::八潮市 | 04:13 PM | comments (0) | trackback (0) |
第155回スペシャルツァーIN新座
 ―野火止用水の清流ともみじの平林寺散策・朝霞自衛隊基地― 

| 埼玉県::新座市 | 07:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
148回スペシャルIN宮代
   こんな近くの素敵な小さな町・宮代町タウンウォッチング




 町のシンボル・コミュニティセンター「進修館」の美しい建物




宮代町は、関東平野の中央部にあり、埼玉県の東北部に位置しています。 東西に2km、南北に8km。北西から南東にかけて細長い形をしていて、町の南側は「春日部市」、北側は「久喜市」、東側は「杉戸町」、西側は「白岡市」に接しています。

宮代町は「農」から受ける恩恵を大切にし、「農」の資源を町民全体で維持・発展させながら、環境、福祉、教育、産業など、様々なまちづくりに生かしていこうという「農」のあるまちづくりに取り組んでいます。

その為、町内には「水田」が多く、「屋敷林」や「用水路」など人が手を加えることによって自然と共生したのどかな風景が広がっています。
「農」のあるまちだからこそ見られる、オタマジャクシやカエル、赤とんぼやイナゴなどの生き物で季節を感じられるまちです。
また、子育て・介護に町で取り組む住みやすいまち。宮代町の象徴的建造物であるコミュニティセンター進修館は、日本でも有名な象設計集団が設計したコンクリートと木で構成されるユニークな建造物です。(宮代町HPより)

今回は、都心に近い癒しの町のタウンウォッチングです。



見学コース

進修館→役場庁舎→新しい村 (徒歩で移動 およそ700m ※笠原小学校の外観を見ながら移動 )ー山崎山の雑木林、新しい村見学
昼食(新しい村)宮代町のまちづくりの考え方や新しい村の説明→ ハーブ園の見学→ブルーベリー摘み取り(おみやげに)

OP日本工業大学 工業技術博物館見学




 「進修館」前の芝の広場で説明を聞くメンバー





 緑に包まれたエコ建物の町役場の庁舎

 庁舎内は木のぬくもりと、すずしい緑の窓辺



 役場から約700m歩いて、 屋根つきの橋を渡れば「新しい村」



 「新しい村」の田んぼに立つ竹細工の提灯とあぜ道を行くメンバー 

 畑にそびえる巨大な竹ほうきにビックリ!




<以下は参加したメンバーの感想です>

 
田園風景の中に降り立ち、しばらく歩き、ふと見ると目の前におどろきの建物、『進修館』の木と緑のつたとの和合した、半円型に似た建造物が現れました。
そしてそこには、町の職員とボランティアの方数名がお迎え下さり、丁寧に説明を。その説明を聞きながら、木の使い方(建物、椅子、テーブルその他諸々)に感じ入り、うらやましい思いでした。
 イタリア・ベネテュアとの交流で進修館が紹介されているとのことですが、私は、北欧の旅で見た木材の使い方を思い出しました。

町の役場庁舎は木の森の様な建物で、その下の方で事務処理が行われており、皆さんは本当に自慢の町、「宮代町」をほこりに思っていらっしゃるように見うけられました。

次に笠原小学校を遠めに見ながらその外観に不思議な思いがしましたが、きっとステキな理想郷の教育の場であると信じます。
その先の小川にかかった屋根のある木の橋を渡ると、田園の「新しい村」です。
畦道を歩いて進むと、村の直売所があり、ショッピングを楽しみました。

そして、楽しみの昼食は、「村の集会所」で心のこもった、かけ紙のかかったお弁当。中身は地産のフルーツ・ブルーベリジュースを加えた、おいしい昼食のおもてなしでした。
その上に、帰りにはブルーベリー畑でつみ取ったものを、おみやげに!!
感激!!
 
最後は、この町起こしに貢献した、日本工業大学の博物館を見学。立派な若人の育成にいそしむ同大学の先生による、工作機械などの展示物の説明に感心しました。

ともあれ、官・民・学が一体となり、希望を持って町作りに参加している姿に接して感激した日になりました。

  第2火曜 守屋 八千代






 「村の集会所で」地産食材の昼食に舌つづみ

 たわわに実ったブルーベリー

 ブルーベリー畑で試食しながらの楽しいブルーベリーのつみ取り



| 埼玉県::南埼玉郡宮代町 | 11:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑