1日体験・散歩・ウォーキング・まち歩きの楽しい観光情報
お散歩なび

TOPへ GTWについて にっぽんお散歩なび リンク よくある質問 お問い合わせ

■カテゴリー■
■新着記事■
■コメント■
■トラックバック■
■LINK■
■プロフィール■
 
■OTHER■

第174回スペシャルツァーIN江之浦(小田原市)
  ― 構想10年、工事10年、海と空のアートの世・江之浦測候所 ―



建築概要

コンセプト:アートは人類の精神史上において、その時代時代の人間の意識の最先端を提示し続けてきた。アートは先ず人間の意識の誕生をその洞窟壁画で祝福した。やがてアートは宗教に神の姿を啓示し、王達にはその権威の象徴を装飾した。今、時代は成長の臨界点に至り、アートはその表現すべき対象を見失ってしまった。私達に出来る事、それはもう一度人類意識の発生現場に立ち戻って、意識のよってたつ由来を反芻してみる事ではないだろうか。

施設について:江之浦測候所の各施設は、美術品鑑賞の為のギャラリー棟、石舞台、光学硝子ストラクチャー、茶室、庭園、門、待合棟などから構成されている。また財団の各建築物は、我が国の建築様式、及び工法の、各時代の特徴を取り入れてそれを再現し、日本建築史を通観するものとして機能する。よって現在では継承が困難になりつつある伝統工法をここに再現し、将来に伝える使命を、この建築群は有する。 小田原文化財団「江之浦測候所」はそのような意識のもとに設計された。HPより 杉本博司構想(1948 年東京御徒町生まれ。1970年渡米、1974年よりニューヨーク在住。活動分野は、写真、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理、と多岐に渡る。)

   (以上は江之浦測候所のHPからの抜粋です)


■当日の主な予定

小田原ヒルトンホテル館内ツアー(売店、チャペル、スパ、デラックススイートなど)


 見学するメンバー

 アスリートたちのための練習場



 下

昼食:ブラッセリ―「フローラ」ブッフェ

 下

ホテルシャトルバスで根府川駅へ→バスを乗り換え江之浦測候所へ

 下

江之浦測候所見学


所内見学の説明会


 光学硝子舞台

 石舞台

 石棒 縄文時代後期

 石造鳥居(古墳時代~中世)と茶室「雨聴天」

 総ガラス張りの廊下

 一部が外に大きくせり出したユニークな建物の外観


 下

測候所各自見学後解散

⇒A: 日帰り組は各自測候所発バスで根府川駅行に乗車

  B: 宿泊組は江之浦テラスへ移動




<以下は江之浦測候所見学者の感想です>

江之浦測候所を見学した当日は、広範囲の敷地や急斜面などに設置された、各施設を見て回るのに絶好の恵まれたお天気でした。
説明文は日本語・英語2か国語による、立派な案内の小冊子をもらいました。しかし、それを読みながら、見比べながら回るのには時間がかかりそうなので、後で読むことにして、見ないで歩きました。
多くの石や施設、庭など古くて由緒ありげな作品がありましたが、詳しい説明文はなかったので、じっくり立ち止まって鑑賞することも少なく見学を終わりました。
ところが、帰ってから家でパンフレットの小冊子をゆっくり読んで見ると、あの石や施設などが、めったには見ることができない、貴重な由緒ある古代の物であるという事が判り、大変驚かされました。
それぞれの作品に説明文が添えられていたらならば、もっと見ながら理解することができたのにと、とても残念に思いました。
しかし、それにしても大変なエネルギーと時間を費やして造られた場所であるという事を改めて感じ入りました。
   第1水曜 坂口以都子


| 神奈川県::小田原市 | 04:27 PM | comments (0) | trackback (0) |
第173回スペシャルツァーIN清里
ー日本で唯一の野外バレー・清里フィールドバレーと清里の自然ー




 高原の清里駅


 野外バレー会場でのリハーサル風景



 <以下は参加者の感想です>


 清里行特別列車(小渕沢駅にて)




長かった梅雨空から一転して、急な暑さになった7月30日。
特急あずさを小淵沢で下車、メンバーの方々に出会う。
小海線に乗り換えて走り出すと里山の風景から、木立の間を少しずつ高度を上げていくと清里到着。

「萌木の村」の送迎バスに乗り、1600mの展望見晴台から眺望を楽しむ。

次に清泉寮ジャージーハットへ、高原の牧場風景が素晴らしい。
10年以上前に一度日帰りできていた事を思い出す。

各自昼食をとり、下界の暑さを忘れてのんびりする。

宿泊のハットウォールデンに到着。
前庭には百合やギボウシ、白のあじさいが咲いていて高地を実感する。建物も素敵です。


  フラワーアートを積んだ車



夕食までの時間を、フィールドバレーの会場の下見がてら散策。
ポール・スミザーのお庭に可愛らしいショップが点在していました。

夕食は地ビールかワインが付いた、高原野菜に冷製スープの夏メニユーを美味しくいただきました。

食後、日も落ちて会場に着くと、今年は30回目の初日ということですごい人でした。

始まる頃は丁度暗くなり、背景の木立と舞台が組み合わさり「眠れる森の美女」が開演。
美しいバレーの世界に引き込まれました。


 幻想的な夜の野外バレー




休憩時間に照明が落ちると星空が見え、フィナーレには花火が上がり夢のようなバレーの一夜でした。

2日目はバレーがあった広場の横を下りたホール・オブ・ホールズに入館。

ヨーロッパやアメリカの大型オルゴールの美しい音を聞かせてくれる博物館でした。

オートマタシアターの人形達の愉快な動きや、ピアノとオルゴールのコラボレーションもありました。
途中メリーゴーランドを楽しむ方もいて、オルゴールの世界を堪能しました。




  オルゴール博物館のいろいろな珍しいオルゴール








ビーフカレーの店ROCKで昼食をとり、送迎バスで清里駅へ送っていただきました。

泊りがけのスペシャルツァー初参加は無事終わりました。
とても楽しかったです。

ありがとうございました。


    第1木曜 丸山きよ子




| 山梨県::北杜市 | 10:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
第172回スペシャルツァーIN土気(とけ)ー千葉市
 
―リアルな写実絵画・ホキ美術館ギャラリーツアーと隣接の
東京ドーム23個分の敷地・昭和の森散策ー

    
  

                                               

ホキ美術館は、世界でもまれな日本初の写実絵画専門美術館で、2010年11月3日に千葉市緑区に開館しました。
写実絵画の魅力とは何でしょうか。画家が見たままに、そしてその存在を描いた作品。1年に数点しか描くことができないほど、画家が時間をかけて1枚の絵と向き合い、こつこつと緻密につくりあげた作品です。その世界を目の当たりにすると、絵は、現実以上に多くのことを語っているのを感じていただけるでしょう。


 ユニークなホキ美術館


そのコレクションは、保木将夫(ホギメディカルは医療用不織布製品、滅菌用包装袋(メッキンバッグ)及び各種医療用キット製品のトップメーカー名誉会長)が収集した写実絵画作品、約480点から成っています。

建物は昭和の森に隣接した敷地という自然の一部となれる場所を選び、自然光を展示空間へと導き入れることで森の中を散策しながら絵画を鑑賞しているような状態を作りました。また、集められた写実絵画を鑑賞すること、食事をすること、ワインを飲むこと、森、光、自然、環境などあらゆる行為や事象を等価に扱い、再構成し、美術館でありながら美術館以上のものを考えることでもありました。2011年度「日本建築大賞」「千葉市都市文化賞2011」、「千葉県都市文化賞」で優秀賞を受賞しました。

 (以下は参加者の感想文です)


5月29日外房線の土気駅で待ち合わせ。だいぶ遠くに来たと思っていましたら、バスの中から見た景色は住宅が多いいのに驚きながら、ホキ美術館のスペインの現代写実絵画展へ。
初めは日本の作家の作品から日本人の亡くなった方、現在も活躍されている方の写実絵画を学芸員の説明を聞きながら鑑賞しました。

一番初めに目にした絵画2点はとても迫力があり深みがあり、力強く感じました。

五味文彦さん:「いにしえの王は語る」「木霊の囁き」。そして「レモンのある静物」の白いテーブルクロスのレースがとても綺麗で、学芸員の方がレモンを描くのはとても難しいと話されていました。

中山忠彦さん:「楽興」。奥様がモデルになり、フランスのアンティークのエンジ色ドレスを着てとても素敵でした。

森本草介さん:「光の方へ」の裸婦も綺麗で、髪の毛の飾りが印象的でした。

野田弘志さん:「崇高なるもの」。背景が何も書かれていない人物も印象に残っていす。

どの作品も爽やかでとても丁寧に時間をかけて描かれているのが伝わって来ました。
案内の方が三年に一度指名した画家に‘私の代表作’を書いてもらうと言われていました。指名された方は機会が与えられて幸せだなと思いました・
バルセロナ・ヨーロッパ近代美術館コレクション。作家は日本の写実と少し違うように思いました。作品に内面がより滲み出ているように描かれているように感じました。
板谷波山の陶器もとても柔らかい色と形も素敵でした。

展示は回廊型ギャラリーで鑑賞しやすかったです。

ミュージアムカフェで外の森の景色を見ながら昼食をいただき前菜、スープ(白豆、タコ)、そら豆と桜海老のスパゲティ、デザート、コーヒーを美味しくいただきました。


  美しい森の景色を見ながらのミュージアムカフェでの食事


そして、美術館の建物ーおしゃれなで変わった(一部が空中に浮いた)細長い建物の外観を、改めて外から眺めました。
周囲の環境に合わせ、地上は1階、地下を2階にしたそうです。


 ホキ美術館の遠景

帰りは隣の昭和の森へ。
とても広い公園で一部分だけでしたが新緑と美味しい空気を吸い満足して帰って来ました。
楽しい一日を有難うございました。


 広々とした昭和の森を散策するメンバーの皆さん


    1水 仲野恵美子






| 千葉県::千葉市 | 10:35 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑