1日体験・散歩・ウォーキング・まち歩きの楽しい観光情報
お散歩なび

TOPへ GTWについて にっぽんお散歩なび リンク よくある質問 お問い合わせ

■カテゴリー■
■新着記事■
■コメント■
■トラックバック■
■LINK■
■プロフィール■
 
■OTHER■

第164回スペシャルツァーIN石岡(茨城)
―看板建築のある町と茅葺民家が集まる風土記の丘―


  石岡駅内に飾ってあるある祭りに使用される獅子頭・メインストリート中通りに並ぶ看板建築


茨城県に奈良時代に常陸国が誕生し、石岡の地に、国府が置かれ、続いて国分寺・国分尼寺が建てられました。以後、石岡は茨城県の最古の都市として繁栄してきました。江戸時代に水戸藩が置かれるまでは石岡が常陸国の中心でした。

そこで、ここには数多くの史跡や文化財がある中で、今回のツアーでは、1日目は、古い看板建築で国の登録有形文化財が数多くある町中の散策と、茅葺民家が集まる風土記の丘の見学を中心に街歩きをしました。

さらに一泊組は、石岡駅近くのホテルに泊まり、翌2日目は、「花と緑の楽園」といわれる広大な敷地の「茨城県フラワーパーク」で花を愛でた後、「常陸国総社宮例大祭」(関東三大まつりの一つ:石岡のおまつり)を楽しみました。


まちなかの登録文化財 看板建築めぐり

看板建築とは、関東大震災後に中小規模クラスの商店によって数多く建設された、それまでの伝統的な町屋に代わる、洋風の外観を持った店舗併用の都市型住居です。前面を装飾をほどこし,銅版を張ったものなど、見ごたえのある建物です。
石岡駅を中心に広がる市の中心街には、他の都市には見られないほど数多くの登録文化財としての看板建築が点在しています。


    各看板建築の前に立つ登録文化財を証する碑



午前中は、地元の女性ボランティアガイドさんの案内で、石岡駅から「まちなかの登録文化財」や「歴史散策コース案内」などの散策マップに従って、のんびり歩きながら案内してもらいました。

 



 丁子屋(上)の内部



今も現役の商店として使われている登録文化財である看板建築が、数多く立ち並ぶ街のたたずまいに、「すてき、こんな街はじめて!」などと参加メンバーは目を見張って、街歩きを楽しんでいました。






石岡のおまつり 常陸国総社宮例大祭

茨城県を代表するこの祭りは、毎年9月15日に例大祭が行われ,神幸神事については,敬老の日を最終日とする,土,日,月曜日に行われる。菊紋の神輿に遷された御神体を獅子,山車が供奉し,年番(当番)町内に設けられた仮宮まで渡御する。神輿は3日間当地に鎮座し,多くの参拝者が訪れる。1日目は, 本社から仮宮までの神幸祭,2日目の大祭を経て, 3日目は,仮宮から本社までを還幸祭という。(以上、市のブログより)


  常陸国総社宮の茅葺きの門

  境内にある大和武尊が掛けたといわれる石


15日に大祭の神事の儀式が総社宮本殿で厳かに執り行われますが、めったに見られないその儀式を、運よく今回のツアーでは、本殿の外で拝観することができました。

  儀式を執り行う神官

 獅子頭が本殿に入る直前  



  総社宮近くにある常陸国の国府跡碑

  国府跡地に建つふるさと歴史館

  総社宮近くに建つ府中松平氏の石岡陣屋表門




常陸風土記の丘


そのあと、送迎バスに乗って郊外にある、「常陸風土記の丘」へ。
そこには江戸時代からの大きな茅葺の曲屋(まがりや)が待っていました。そこはお休みどころ兼食事どころになっていて、昼食は、ここでおいしい蕎麦料理をいただきました。

 お休みどころ兼食事どころになっている曲屋

 メンバーの食事前の様子


食後は、ガイドさんの案内で風土記の丘の見学です。
縄文~弥生時代の竪穴式住居から、江戸時代の曲屋・直屋(すごや)まで、さらに連房式といわれる、他では見られない長屋造りの大きな工房や、その管理役人の官舎など、見ごたえのある建物群が並んでいました。
参加メンバーの皆さんは、ガイドさんの説明に、おおきくうなずいたり、質問をしたり、熱心に見学しました。



 竪穴式住居群

 連房式の竪穴工房兼住居
 工房の内部

 ここで面白かったのは、大祭のシンボル的な獅子頭の日本一大きいといわれる像が高台に展望台として鎮座していることでした。(台座からの高さ14m)
大きな口の中が展望所になっていて、ここから風土記の丘が一望できました。

  日本一といわれる獅子頭展望台



参加したメンバーの皆さんの感想は、「石岡が、こんなに豊かな歴史と文化に包まれたところとは予想外でした。、感激しました。首都圏の近くにありながら、全く知りませんでした。」といううものでした。





| 茨城県::石岡市 | 09:25 AM | comments (0) | trackback (0) |
第163回スペシャルツァーIN羽田
―「羽田クロノゲート」見学と羽田街歩き―



◆羽田クロノゲート

 「クロネコヤマトの宅急便♪」でおなじみのヤマトグループの巨大物流ターミナル。
24時間365日稼動する陸海空のマルチ輸送ターミナルとして2013年9月にオープンしました。ギリシャ神話における時間の神<クロノス>と国内とアジアの「ゲートウェイ」となるべく、<ゲート(Gate)>=「門、出入り口」の2語を組み合わせて、『新しい時間と空間を提供する物流の「玄関」であるとともに、物流の新時代の幕開け』を表現しています。
 見学を前提として建てられた「羽田クロノゲート」で、宅急便をはじめとした物流のしくみ、物流の未来「バリュー・ネットワーキング」構想を、実際の設備や展示、アトラクションを通して、ぜひ体感してみてください。



 羽田クロノゲートの建物全景


■最寄駅:京急穴守稲荷駅


鳥居の奥が京急穴守稲荷駅



■コース:羽田クロノゲート見学⇒ホテルJALシティ Cafe&Dining HARUHOROで昼食⇒羽田街歩き⇒解散(最寄り駅穴守稲荷駅、天空橋駅)

OP羽田国際空港(天空橋駅―羽田国際空港駅)5Fお祭り広場




以下は参加者の感想です


梅雨に入ったはずなのに当日は真夏のような暑さ。
スタートは京急穴守稲荷駅から徒歩で10分足らずのところにある「クロネコヤマトの宅急便」。


 エントランスで客を迎える大きな黒猫像

 クロノゲートのマーク

そこは、2013年に「羽田クロノゲート」と名付けられて巨大な物流ターミナルとして誕生したそうです。


そのうち私たちが見学できたのはほんの一部です。ダンボール箱などの大量の品物が、広大なフロアを縦横に走るコンベアーに乗せられ、かなりのスピードで運ばれています。行く先は瞬時にコンピュータが選択し、送られていきます。そこには作業員の姿はありませんでした。ただ、離れた場所のコンピューター室にたくさんのモニターが並ぶブースに一人の作業員がいるだけでした。そこで、トラブル等のチェックがされるそうです。 (なお場内は撮影禁止のため写真はありません)

 選別所からの区分けされた荷物を受け取り発着するトラック



宅配の荷物が届くのは当たり前、と思っていましたが、そのカゲにこんなシステムがあったとは…。

見学のあと、近くのホテルのレストランで昼食。
昼食のあとは、多摩川沿いの、かつては漁師町だったという細い道を、昔の名残を探しながらのウォーキングです。
近くではレンガ造りの堤防が、思いをはせることのできる一つでした。
目を遠くの水辺にうつすと、腰を二つに折った二人の姿が見えました。「潮干狩りでもしているのかしら?」と、漁場だったことと無理やり結びつけて想像してしまいました。


 クロノゲートの近くを流れる川にかかる穴守橋からの光景


解散前に寄ったのが、穴守稲荷神社。たくさんの赤い鳥居のトンネルをくぐり、富士塚へ。杜を通り抜ける風がとても心地よくしてくれました。

 穴守稲荷神社の赤い鳥居群 


今回は、急きょ参加させていただいた「羽田」ウォッチング。実をいうと「飛行場」と勘違いの羽田でしたので、ちょっと頑張って空港まで足をのばしてきました。

毎回思います、参加して良かった!楽しかった!って。

第1水曜  森田八重子


















| 東京都::大田区 | 01:21 PM | comments (0) | trackback (0) |
第162回スペシャルツアーin新潟
  ―GTW25周年記念旅行・日本の原風景を探す―  



田園や草原などを舞台とみる”農舞台”の一画に立つ大きなアート


以下は参加者の感想です


5月14日の「越後の里アートツアー」と5月15日の「越後のミケランジェロ・名工石川雲蝶の作品と懐かしの街並み」の企画を知った時、どちらも以前から行ってみたいと思っていたところだったので迷わず宿泊付きで申し込み参加いたしました。

一日目は予報では曇りでしたが、運良く晴れ上がり暑くなりました。最初に立ち寄った「美人林」は小さな池を囲むように樹齢90年のブナ林が丘陵に広がる可愛らしい林です。陽の光を受けた新緑がキラキラときらめき、木々から発散される清浄な空気を胸いっぱい吸って心地よい散策が出来ました。

 土市駅近くの作品の前で記念撮影です


「大地の芸術祭」の里 妻有(つまり)は市町村合併で大きく広がった十日町市のあちこちの田園が会場です。田畑や道路・空き地・古民家や廃校となった学校などの建物の中に点在しています。バスの車窓から田んぼや畑の中、道路脇に何気なくひっそりと置かれている作品を「ここにもあった」と見つける楽しみがあります。現代アートと昔ながらの田園風景が違和感なく共存している不思議な光景でした。

 星峠から見晴らす美しい棚田


 田園、棚田に散在する作品群


 絵本と木の実の美術館

  美術館内


  古民家を学生たちが2年半かけて天井・床・壁・柱や梁全体をのみで彫り上げて建物自体を芸術作品に仕上げた「脱皮する家」は、学生たちの汗と忍耐と努力を感じ、それを支えた地元の人々との共作という感じがしました。

 昼食を頂いた「まつだい里山食堂」ではバイキング形式で地元の食材(主に山菜)を使った色とりどりのお料理の数々を大きな窓から、まつだい農舞台(棚田に置かれた田おこしから稲刈りまでを表現したロシア人作家の作品)を見ながら頂きました。山菜の料理というとてんぷらやお浸しくらいしか知らなかったのですが、本当に様々な料理法があるのだなと美味しく頂きました。


 JR飯山線に乗車することが出来たのも楽しい経験でした。無人の小さな駅の外にも作品があって楽しくなりました。

  下条かやぶきの塔

 2日目は晴れから曇り雨と目まぐるしく変わり、一時はひどい降りとなりましたが運よくそれほど濡れずに済みました。写真でしか見たことのなかった石川雲蝶の実物作品は技巧のすばらしさと言葉では表現できないような存在感が迫ってくる感じすらしました。ガイドの女性の説明が雲蝶への愛を感じさせる素晴らしい説明で理解を深めることが出来ました。気がつかないような細かいところに隠された雲蝶の遊び心が心に残り、雲蝶とはどんな人だったのだろうか、作品を作っている時にどんなことを考えていたのだろう、この透かし彫りの技法はどうやって彫ったのかなどもっと知りたいと思わせるような素晴らしいガイドさんでした。西福寺の開山堂の天井は圧巻でした。しかし開山堂と穴地十二大明神の向拝彫刻が外に出ているので厳しい冬の風雪で痛められていることが気になりました。
 独特の雪囲いに保護された西福寺開山堂

  西福寺に立つ石川雲蝶の銅像

永林寺・西福寺・穴地十二大明神と龍谷寺の4か所の中で私が一番心に残ったのは永林寺の透かし彫りの欄間彫刻です。雲蝶が理想とする女性がモデルとされている天女はなまめかしく生き生きとしていて今にも天女が持っている楽器から音楽が聞こえてきそうな感じすらしました。中越の山々に囲まれた田園の中にこんな素晴らしい作品群が150年以上も地元の人々に愛されて残されていたということに心が温かくなりました。

 石川雲蝶作の透かし彫り

 私は今年3月に加入したばかりで、どなたも存じ上げる方のない中での参加でちょっと不安もありましたが、同室になられた方も率直で気持ちの良い方でしたし、周りの大先輩方も楽しい方々で気持ちよく旅行することが出来ました。やはり来てよかったと感じた2日間でした。ありがとうございました。
また、このような素晴らしいツアーがあったら是非参加したいと思っています。
お世話くださった前田さん、お疲れ様でした。心より感謝しております。

  2木  吉村達子










| 新潟県::十日町市 | 04:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑