1日体験・散歩・ウォーキング・まち歩きの楽しい観光情報
お散歩なび

TOPへ GTWについて にっぽんお散歩なび リンク よくある質問 お問い合わせ

■カテゴリー■
■新着記事■
■コメント■
■トラックバック■
■LINK■
■プロフィール■
 
■OTHER■

第160回スペシャルツァーIN大手町
―読売新聞東京本社見学(編集局・体験)と学士会館での食事と見学―


読売新聞東京本社

         花写真をクリックすると拡大されます

 読売新聞東京本社ビル

読売新聞は日本の代表的新聞社。明治7年(1874)子安峻(こやすたかし)らが『読売新聞』を創刊。
江戸時代の「読み売り瓦版」から題号をとり,大衆ととも歩む庶民的な紙面づくりを目指しました。
朝刊販売部数は約934万部(2014年11月期)。「ギネスブック」が世界一の発行部数と認定。
株式会社読売新聞社グループが持ち株会社で、その直下に新聞3本社(東京、大阪、西部)、巨人軍、中央公論社があります。
東京本社の資本金は10億円、発行部数624万、従業員3.065人。

 ビル入口からエスカレータで2階に上がると展示場に


 


 




今回のツアーでは、展示場や編集室の見学のあと、参加者が記者となって、記者会見に臨むという体験をします。

 記者会見の体験風景


学士会館

 風格のある、国の有形文化財の学士会館


学士会館は、旧帝国大学(現在の国立七大学=北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)出身者の親睦と知識交流を目的とした、「学士会」の活動の場として発展。
学士会は、1913(大正2)年に初めて会館と呼べる西洋風の木造2階建ての施設を創建しましたが、以後火災や関東大震災に襲われて、震災復興建築として、1928(昭和3)年、現在の学士会館が建設されました。
終戦後は、連合国軍総司令部(GHQ)に接収されて閉館されましたが、1956(昭和31)年に返還。
その風格ある建物は、2003(平成15)年、国の有形文化財に登録されました。

 学士会館の入口


ツアーでは、昭和3年の建築以来、当時の姿を保つレストランでフランス料理を楽しみ、食後は説明を聞きながら有形文化財の素晴らしい館内を見学します。
        
 会館内のレストランで昼食



 食後、館内を案内してもらいました





 会議室


神前結婚式場


   <以下は参加したメンバーのレポートと感想です>


読売新聞東京本社は、2013年に竣工。高さ200m、地上33階の高層ビルです。
そのなかの7,8,9階が編集局で、吹き抜けになっており、ワンフロアは見渡せろようになっています。そして中央に各階をつなぐ階段が設けられ、社員同士が階を超えてコミュニケーションをとりやすい仕組みになっています。
とてもシンプルで、モダンなオフィス。見学時は静かでしたが、編集会議ともなれば活気づくのでしょう。

3階には託児所がありました。どのようなシステムかはわかりませんが、いいですね。さすが千代田区。待機児童ゼロ区。

その後は別会場で「模擬記者会見」が行われ、参加メンバーが記者として、会見者に質問をするという体験です。皆さんからいろいろな質問が出て、記者の気分を味わうことができ、有意義な体験でした。


学士会館は、1928年に竣工。4階建ての旧館と、1937に増築された5階建ての新館があります。スクラッチタイルに囲まれたクラシカルな館です。

赤じゅうたんの廊下、高い天井のたたずまいの内部、そして昼食会場のレストランは、クロスのかかったテーブル、銀のカトラリーで、フレンチフルコースの食事。至幸の時でした。ごちそうさまでした。
その後、館内を説明付きで案内してもらいました。これがなによりのGTWの醍醐味です。

読売新聞社周辺は、経団連、JA、日経、ほしの屋等々が林立し、また大手町連鎖型都市再生プロジェクトで、いたる所でつち音が響き、何台ものミキサー車が駐車待ちしていました。
地下鉄大手町はいつになったら工事が終わるのでしょうか。
日本のたゆまない変化発展と、いつまでも変わらないものの良さを感じた一日でした。

  第4土曜 福田さくら


| 東京都::千代田区 | 05:07 PM | comments (0) | trackback (0) |
第159回スペシャルツァーIN桐生
―のこぎり屋根の織物工場でまち歩きー



 のこぎり屋根の旧工場


桐生は徳川文化の爛熟期に金襴緞子など高級美術織物として成長を続け、「西の西陣、東の桐生」と言われるまでになり、織都として繁栄しました。
その後、日本の輸出織物を代表する羽二重は1879年(明治12年)桐生において試織され、1881年に日本最初の対米輸出。
大正期には、人絹糸が新繊維として登場し、その商品化は桐生において1919年(大正8年)文化帯として売り出したのが最初です。

昭和に移り、年を追うごとに産地の人絹糸使用量が激増し、1937年(昭和12年)には輸出織物用原糸のうち88%弱を人絹糸が占めるようになり、
明治年間に黄金時代を築いた羽二重は、この頃すでに新興産地・福井の商品となりました。
絹織物業は明治・大正・昭和初期にかけて日本の基幹産業として発展し、外貨獲得に大いに貢献しましたが、戦後は、和装離れから絹織物産業は下火となりました。
代わって自動車部品産業やパチンコ産業が台頭、有望な企業が生まれ、今日の桐生を支えています。

なお、江戸開府期に計画的に作られた桐生の町の起源ともいえる天満宮を起点とする桐生新町地区は、2012年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。







<以下は参加したメンバーのレポートと感想です>


 かねて、歴史的文化遺産「のこぎり屋根の織物工場」のある桐生を訪れたいと思っていたので、今回の「スペシャルツァーIN桐生」に参加させていただき、おおいに楽しむことができました。

 古くから「四辻の斉嘉(さいか)」と呼ばれていた場所で、ガイドさんに会い、メンバーはA・B2班に分かれ、2台の低速電動バスというバスに分乗し、ゆっくり街並みを見ながら、施設まで案内してもらいました。


 低速電動バスと斉嘉(右の民家)


のこぎり屋根の織物工場

のこぎり状の独特の屋根は、背の高い空間と、北側の天窓からの光で生地の織りあがりを点検するためと、織り機の音を拡散するための構造だそうです。


 旧のこぎり屋根の織物工場を見学するメンバー



絹撚記念館
全国に6か所しかない模範工場の一つで、旧模範工場桐生撚糸合資会社事務所棟。平成27年に日本遺産に認定された、群馬県最古の洋風石造建造物。


 絹撚記念館


桐生織物記念館
国の登録有形文化財で、当時の桐生織物協同組合の事務所。「織都」の別称を持ち、桐生の隆盛を今に伝える象徴的建物。一階は桐生の織物製品の販売、二階は、織り機や織物の展示や、まゆから製品になるまでの工程の展示など。


 桐生織物記念館

 織り機


昼食は 郷土料理「おっきりこみうどん」
再生された古民家のレストランで、群馬県の“おふくろの味”として、昼食にいただきました。もちもち、ちゅるっとした食感で、とてもおいしかったです。


 古民家のレストラン「四辻の斉嘉」


桐生新町重要伝統的建造物群保存地区(日本遺産に認定)
午後、400年以上前の町建て当初の区割りが残る街で、タイムスリップした気分を味わいました。


天満宮社殿(県指定重要文化財) 同末社春日社(市指定重要文化財) 
ガイドさんに「びっくりする場所を案内します」といわれて案内されたのは、極彩色の装飾が広く施された、本殿と幣殿の外壁。素晴らしい北関東特有の社寺建築の特徴を見ました。

 極彩色の装飾が施された本殿


 幣殿


 天満宮でのガイドさんとメンバー


群馬大学工学部同窓記念館・正門・守衛所(国登録有形文化財)
残念ながら、修復工事中で見られませんでした。ガイドさんによると、建物は木造二階建て瓦葺、内装はすべて建築当初の姿を残しており、多くの映画やテレビドラマの撮影に使われるそうです。

 群馬大学の正門


旧金谷レース工業工場・事務所(国登録有形文化財)
今は、おしゃれなパン屋さん「ベーカリーカフェレンガ」。大正8年に建築された桐生現存最古のレンガ造り「のこぎり屋根工場」。昭和初期の洋風建築の特徴が見られる建物。

 赤レンガ造りのベーカリーカフェレンガ


旧斉憲テキスタイル工場
昭和2年に建築された大谷石の「のこぎり屋根工場」。現在はワイン貯蔵庫に利用されているそうです。

 大谷石で造られたのこぎり屋根工場



旧住善織物工場
大正11年に建てられた現存する唯一の鉄筋コンクリート造りの「のこぎり屋根工場」。現在は5人の作家の名字の1字ずつを組み合わせて命名した「工房・金・田・丸・岡・平」として利用されているそうです。


以上、「まだたくさんの魅力あるスポットがあります」とのことで、機会がありましたら、また訪ねたいと思います。


第3土曜 田中きよ子






| 群馬県::桐生市 | 03:50 PM | comments (0) | trackback (0) |
第158回スペシャルツアーIN都電荒川車庫前
  

  <読売新聞東京北工場見学と西新井大師参拝>




 かまぼこのような外観の読売新聞東京北工場





今回は、 読売新聞東京北工場見学と西新井大師参拝です。

星 読売新聞東京北工場 = 明治7年創刊の読売新聞は、発行部数約934万部。ギネスブックが世界一の発行部数と認定しています。

読売新聞東京北工場は、平成15年東京都北区に設立した新しい工場です。30台(6セット)の東京機械製・高速オフセット新聞輪転機を、備えています。

印刷された読売新聞は、東京都内や埼玉県などに配達されています。

流線型の工場の屋根は、隅田川流域を吹き渡る川風の自然な通り道の役目を果たしており、北区景観賞をも受賞しました。

 印刷機に取り付けられたロール紙

 
 刷られた新聞を搬送する機械


 工場で印刷機などの説明を聞く



星 西新井大師 = 真言宗豊山派の寺院です。

弘法大師が関東巡錫(じゅんしゃく )の折り立ち寄り、悪疫流行になやむ村人たちを救わんと、十一面観音像とご自身の像をお彫りになり、

観音像を本尊にそしてご自身の像を枯れ井戸に安置して二十一日間の護摩祈願をおこないました。

すると清らかな水が湧き、病はたちどころに平癒したと伝えられます。その井戸がお堂の西側にあったことから「西新井」の地名ができたと伝えられています。

「西の長谷寺・東の西新井」と花の寺。菖蒲が楽しみです。


西新井大師本堂


 西新井大師山門前の門前町


<以下は参加したメンバーの感想です>

都電荒川車庫前や西新井大師参拝は、個人でも行きやすい所ですが、工場見学となると個人では機会を作る事はなかなか難しく、

今回のスペシャルのように、グループで見学できる機会があるのは、有難いことです。

読売新聞の流線型のしゃれた屋根の工場は、工場とは思えないような建物です。

最新の印刷機械が稼働している工場内を、案内の人の丁寧な説明を聞きながら見学しました。



西新井大師へは、本年4月に藤やボタンの頃、見物に行きましたが、山門前にはにぎやかな門前町があり、親しみがあり人気のお寺です。


ともあれ、今日は大変楽しく過ごさせて頂きました。


来年2月のスペシャルツアーの「読売新聞東京本社と学士会館見学と食事」も体験できれば有難いと思っております。

学士会館では、知人が結婚式を挙げたような記憶があるので、入館して想い出すかも知れないと楽しみです。

他にも警視庁とか水道用の地下宮殿(春日部)、豊洲の新魚河岸、海からの京浜工業地帯等々、特殊な催しがあればぜひ参加したいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。
       

  第1土曜  尾崎哲也


















スペード

| 東京都::荒川区 | 11:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑